【2021年2月度】ネイティブキャンプスピーキングテスト結果発表【4回目】




2021年2月

ネイティブキャンプスピーキングテストの結果です。

この記事では、

  • 30代から英語が話せるようになりたい
  • これからTOEIC受験を考えている
  • ほかの人の英語力が知りたい

 

そんな人におすすめの記事になっています。

それでは見てみましょう。

基本情報

わたしの基本情報をまとめたのがこちらです!

  • 年代:30代
  • 家族構成:独身(一人暮らし)
  • 職業:会社員
  • 海外経験:旅行、短期留学(アメリカ・サンフランシスコにて3週間)
  • TOEIC:未受験

 

一応、短期留学経験はありますが英語力は客観的に見てもほぼゼロ。

現地の語学学校のクラス分けテストでも一番下のクラスでした…。

中学、高校と受験勉強もまともにしたことがなく受験英語も身についていない状態です。

一応、大学まで卒業しましたが高校、大学と指定校推薦や推薦で入学したため、ちゃんと受験勉強をした記憶がありません。

そもそもの基礎英語力から乏しい状態です。

そんな中、一念発起して30代に突入してからもう一度ちゃんと英語を勉強して話せたり使いこなせるようになりたいと思い2020年7月から腰を据えて本格的に始めました。

2021年2月ネイティブキャンプスピーキングテスト

2021年2月の結果はこのようになりました。

 

前回の結果よりも低くなってしまいました…。

レベル:4

第4回目の実力はレベル4でした。

3回目:レベル5 ⇒ 4回目:レベル4

 

前回よりも1レベル下がってしまいました。

ちょっと凹みますが、そういう評価が下されているので仕方ないですね。

総合評価:35/100

総合評価は100点満点中35点です。

3回目:46点 ⇒ 4回目:35点

 

前回より11点ダウンしてしまいました。

TOEIC L&R:225~355相当

ここで言うレベル4とはTOEICでいうところのスコア225~355相当となっています。

実際のTOEICのスコアではないので目安として見て頂ければと思います。

語彙:19

語彙:19(前月比:-10)

語彙力は前月から10ポイントダウンです。

文法:38

文法:38(前月比:-25)

前回に比べてマイナス25ポイントと大幅ダウンという結果になりました。

流暢さ:36

流暢さ:36(前月比:-6)

流暢さは前月対比マイナス6ポイントでした。

発音:45

発音:45(前月比:-3)

発音力は3ポイントダウンといった結果でした。

4つの項目の中では下げ幅は一番小さかったです。

できること

海外旅行で簡単な英語が使えます。

海外で買い物をしたり、食事を注文することができます。

まとめ

初めて受けたスピーキングテストの結果をまとめると、

  • TOEIC L&R225~355相当
  • 海外旅行で簡単な英語が使える

 

という結果となりました。

総合的に前回の結果よりもマイナスになってしまいました。

一喜一憂せず長期的な目線で英語学習に取り組んでいかないといけないですね。

【2020年7月度】ネイティブキャンプスピーキングテスト結果発表【1回目】

【2020年8月度】ネイティブキャンプスピーキングテスト結果発表【2回目】

【2021年1月度】ネイティブキャンプスピーキングテスト結果発表【3回目】

関連記事

ほかにも英語学習に関する記事を書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【語学学習】継続のコツは毎日行う学習目標のハードルを下げること

【やり直し英会話】2020年7月の英語学習(レッスン時間:18時間57分)【30代社会人】

【やり直し英会話】2020年8月の英語学習(レッスン時間:17時間52分)【30代社会人】