【代名詞】2021年10月の英語学習記録(キク英文法)【社会人独学勉強法】




こんにちは。

今回はキク英文法を使って代名詞の学習をしたので、そのことについて書いていこうと思います。

この記事では、

  • 社会人で独学の勉強方法を知りたい
  • キク英文法を使った学習方法を知りたい
  • 他人がどのように英語学習をしているのか気になる

 

こんな人におすすめな記事になっています。

私自身もTOEIC200点から独学でスコアアップ向上を目指して日々英語学習に取り組んでいます。

何か参考になって、英語学習者の方々の日々のモチベーションになればと思っているので、ぜひ見てみてくださいね。

 

あわせて読みたい

初TOEICは200点でした!初受験の目的、今後の目標と対策など

 

私の仕事、学習時間、通勤時間などの基本情報

私の基本情報をまとめたものになります。

                    情報
年代 30代
仕事 サラリーマン
通勤時間 往復約3時間
一日の学習時間 3~4時間
初TOEICスコア 200
留学経験 あり(サンフランシスコ3週間)

オリジナルノートを作る【事前準備】

まずは3つのステップでオリジナルノートを作っていきました。

ステップ①:文法事項を確認する

まずはここで解説されている文法事項を読んで例文と照らし合わせながら理解していきます。

細かい文法事項も確認するようにしました。

ステップ②:オリジナル例文を作る

続いて文法事項を利用して英文をつくります。

できるだけ自分が想定できるシチュエーションや経験をイメージしながら例文をつくります。

ここで心掛けることは、

  • 今回で学習している文法事項以外の文法ミスについてはあまり気にしない
  • できるだけ簡単な文章
  • 細かいスペルミスも気にしない

 

ということです。

そこに気を取られていると今回身につけようとしている文法事項にフォーカスできないので時間効率が悪くなってしまうと感じました。

とにかく細かいミスを気にせずどんどんアウトプットを心掛けています。

この作業の際はプリントの裏紙とか下書き用として別のノートに書きだしています。

なので2種類のノートを活用しています。

大きいほうが書き留め用、小さいほうが清書用にしています。

ステップ③:ノートにつくった例文を書く

いつでもどこでも学習できるように小さめの手帳タイプのノートに書きます。

ここで書く時のポイントは、写真のように日本語を上段にまとめて書いて、そのあとに下の段に英語を書きます。

そうすることで、日本語を見て瞬時に英語に変換できる力をつけるのが目的です。

日本語と英語をまとめて分けて書く理由としては、英語のすぐ下に日本語訳が書いてあると目がそちらに行ってしまい瞬間英作文がやりにくいと感じたからです。

ここまでの作業は事前にやっておきます。

そうすればいつでもどこでも学習可能ですし、表現に関しては単語を入れ替えるなどして応用が利くので便利だと感じています。

文法事項を定着させるためのルーティーン【トレーニング】

続いて3つのルーティーンで文法事項を使えるものにしていきます。

ルーティーン①:例文を見て頭の中で英作文&発音【日本語→英語】

ノートに書いた例文(日本語)を見て頭の中で英作文しながらアウトプットしていきます。

日本語を見てスッと英語に変換して口に出せるように音読していきます。

これによって英会話力はもちろんのこと今後のTOEICスコアアップを狙っています。

私も初TOEICの散々な結果からの巻き返しに奮闘中です!(笑)

あわせて読みたい

初TOEICは200点でした!初受験の目的、今後の目標と対策など

 

瞬時に会話に使えるようにすることと声に出すことで感覚的に文の語順を身体に染み込ませていくのが目的です。

電車の中など音読できない場面は黙読しています。

 

ノートに書いた日本語例文を見て頭の中で英作文

英語で数回音読

スピーキングしたものが合っているかどうか、その都度ノートを見て確認

 

この作業を別の例文でも繰り返していきます。

ルーティーン②:例文をタイピング【日本語】

ノートを見ながら例文(日本語)をタイピングしていきました。

このとき動詞や名詞などはその時の気分などで他の単語に入れ替えながらやっています。

タイピングする場所はエクセルやワード、メモ、でもなんでもいいと思います。

このときも書いた例文を英語にして発音練習も同時に行います。

この時点で日本語でタイピングをしておく理由としては、次のステップで紹介する「日本語を見て英語でタイピングする」事前準備にもなります。

このステップは省略しても良さそうですが、自分はやったほうがやりやすいと感じています。

ルーティーン③:例文を見て英作文&タイピング【日本語→英語】

このステップでは先程のステップでタイピングした日本語例文を見て英語でアウトプットしました。

このときも音読しながら行います。

それでは今回実際に書いたものを紹介します!

 

注意!

この記事で紹介している英文は基本的に自分自身の学習用に作成した例文になります。

なので細かい文法ミスやスペルミスもあると思うので例文を作る際の参考程度にしてみてください。

 

 

これはあなたのものですか?

Is this yours?

 

 

昨日、旧友に会いました。

I saw an old friend of mine yesterday.

 

 

ここらにある食べ物を自分で取って食べてね。

Help yourself to these foods.

 

 

自分自身の考えを彼女に分からせた。

I made myself understood to her.

 

 

この方法はあなた自身を楽にします。

The way make yourself at home.

 

 

身体に気をつけてね。

Take care of yourself.

 

 

我を忘れて彼女を怒った。

I got angry to her beside myself.

 

 

いつも自分だけで夕食をとります。

I usually have dinner by myself.

 

 

そのミルクティーが好きですか? はい、それが好きです。

Do you like the milk tea? – Yes, I like it.

 

 

ハワイに行ったことがあります。それは良い経験でした。

I have been to Hawaii, it was good experience.

 

 

チケット買えますか? はい、買えますよ。新しいのを買いますか?

Can I buy a ticket? – Yes, you can buy one. Do you buy a new one?

 

 

上海は大きな都市のひとつです。

Shanghai is one of the big cities.

 

 

その言語を理解することは私には難しい。

It is difficult for me to understand the language.

 

 

日本人が生卵を食べるのは事実です。

It is a fact that Japanese eat a row egg.

 

 

英語を身につけるのに時間がかかる。

It takes time to get into English.

 

 

ジムに通うのに約月$60かかる。

It costs about $60s a month to go to gym.

 

 

野菜を食べることが重要だと分かった。

I found it important to eat vegetable.

 

 

そのシステムは私たちがその会社に投資することを可能にした。

The system made it possible that we invest for the company.

 

 

私は彼女がその試験に受かることを当たり前だと思っている。

I take it for granted that she pass the exam.

 

 

彼女が失敗しないように気を使った。

I saw to it that she is not to miss.

 

 

私が行ったのはこの場所です。

It was this place that I went.

 

 

大学生になってはじめてバイトしました。

It was not until university student that I worked part-time job.

 

 

私たちは20歳になるまでお酒を飲めません。

It is not until 20 years old that I cannot drink alcohol.

 

 

その便はもうすぐ到着するだろう。

It will not be long before the flight arrive at.

 

 

彼女がその大学に受かったということは少しも不思議じゃない。

It was no wonder that she passed the university.

 

 

そのピザはアメリカのピザよりおいしい。

The pizza is better than that of America.

 

 

その選手たちは日本の選手たちより背が高い。

The players are taller than those of Japan.

 

ハワイに行く人たちはお金をたくさん持っている。

Those who go to Hawaii have a lot of money.

 

 

ちゃんとした人々がいます。

There are those respectable.

 

 

そのような人が好きです。

I like such.

 

 

彼女はとてもちゃんとした女の子です。

She is such a respectable girl.

 

 

私はそんな旅が好きです。

I like such a trip.

 

 

こういう事情なので

such being the case

 

 

同じ本を持っています。

I have the same book.

 

 

同じものを食べました。

I ate the same.

 

 

彼女と同じ教科書を使っています。

I use the same text book as her.

 

 

別のものが好きです。

I like another.

 

 

別のハンバーガーを食べました。

I ate another hamburger.

 

 

もう一つの方が好きです。

I like the other.

 

 

もう一つの方(複数)が好きです。

I like the others.

 

 

もう一つの方(複数の不特定)が好きです。

I like others.

 

 

もう一つのその飲み物が好きです。

I like the other drink.

 

 

私たちはお互いに達成できるはずです。

We must be able to achieve each other.

 

 

多くの学生が次々とやってきました。

Many students came one after another.

 

 

旅と旅行は別のことだ。

Journey is one thing, travels is another.

 

 

彼女は誰でも話しかける。

She talk to everybody.

 

 

彼女は誰かに話しかけた。

She talked to somebody.

 

 

私は誰も知りません。

I don’t know anybody.

 

 

彼女が誰か知ってますか?

Do you know who she is anybody?

 

 

誰も行きません。

Nobody goes.

 

 

彼は少しもおもしろくない。

He is anything but interesting.

 

 

それは一過性に過ぎない。

It is nothing but temporariness.

 

 

彼女は話してばかりいる。

She talks nothing but talk.

 

 

彼女と関係があります。

I have something to do with her.

 

 

私たちは共通点がいくつかあります。

We have something in common.

 

 

私の目標を達成することは可能だ。

It is possible to achieve my target.

 

さいごに:今回の学習を振り返って

今回紹介したものは代名詞ですが、今月はそれ以外の文法事項も学習しました。

主に昼休みや通勤、帰宅時間など隙間時間を活用して学習していきました。

声の出せない場所の時は黙読、例文作成に時間を割くなどシチュエーションに応じた学習を心がけています。

人それぞれ学習法はあると思いますが個人的には、

文法事項を理解する ⇒ 自分で例文を作ってみる ⇒ 音読する ⇒ 日本語を見て英語で言えるようにする

 

このサイクルを続けていけばいい感じに身についてくるのかなと感じています。

何か少しでも参考になれば幸いです。