【不定詞】2021年10月の英語学習記録(キク英文法)【社会人独学勉強法】




こんにちは。

今回はキク英文法を使って不定詞の学習をしたので、そのことについて書いていこうと思います。

この記事では、

  • 社会人で独学の勉強方法を知りたい
  • キク英文法を使った学習方法を知りたい
  • 他人がどのように英語学習をしているのか気になる

 

こんな人におすすめな記事になっています。

私自身もTOEIC200点から独学でスコアアップ向上を目指して日々英語学習に取り組んでいます。

何か参考になって、英語学習者の方々の日々のモチベーションになればと思っているので、ぜひ見てみてくださいね。

初TOEICは200点でした!初受験の目的、今後の目標と対策など

私の仕事、学習時間、通勤時間などの基本情報

私の基本情報をまとめたものになります。

                    情報
年代 30代
仕事 サラリーマン
通勤時間 往復約3時間
一日の学習時間 3~4時間
初TOEICスコア 200
留学経験 あり(サンフランシスコ3週間)

オリジナルノートを作る【事前準備】

まずは3つのステップでオリジナルノートを作っていきました。

ステップ①:文法事項を確認する

まずはここで解説されている文法事項を読んで例文と照らし合わせながら理解していきます。

細かい文法事項も確認するようにしました。

ステップ②:オリジナル例文を作る

続いて文法事項を利用して英文をつくります。

できるだけ自分が想定できるシチュエーションや経験をイメージしながら例文をつくります。

ここで心掛けることは、

  • 今回で学習している文法事項以外の文法ミスについてはあまり気にしない
  • できるだけ簡単な文章
  • 細かいスペルミスも気にしない

 

ということです。

そこに気を取られていると今回身につけようとしている文法事項にフォーカスできないので時間効率が悪くなってしまうと感じました。

とにかく細かいミスを気にせずどんどんアウトプットを心掛けています。

この作業の際はプリントの裏紙とか下書き用として別のノートに書きだしています。

なので2種類のノートを活用しています。

大きいほうが書き留め用、小さいほうが清書用にしています。

ステップ③:ノートにつくった例文を書く

いつでもどこでも学習できるように小さめの手帳タイプのノートに書きます。

ここで書く時のポイントは、写真のように日本語を上段にまとめて書いて、そのあとに下の段に英語を書きます。

そうすることで、日本語を見て瞬時に英語に変換できる力をつけるのが目的です。

日本語と英語をまとめて分けて書く理由としては、英語のすぐ下に日本語訳が書いてあると目がそちらに行ってしまい瞬間英作文がやりにくいと感じたからです。

ここまでの作業は事前にやっておきます。

そうすればいつでもどこでも学習可能ですし、表現に関しては単語を入れ替えるなどして応用が利くので便利だと感じています。

文法事項を定着させるためのルーティーン【トレーニング】

続いて3つのルーティーンで文法事項を使えるものにしていきます。

ルーティーン①:例文を見て頭の中で英作文&発音【日本語→英語】

ノートに書いた例文(日本語)を見て頭の中で英作文しながらアウトプットしていきます。

日本語を見てスッと英語に変換して口に出せるように音読していきます。

これによって英会話力はもちろんのこと今後のTOEICスコアアップを狙っています。

私も初TOEICの散々な結果からの巻き返しに奮闘中です!(笑)

あわせて読みたい

初TOEICは200点でした!初受験の目的、今後の目標と対策など

 

瞬時に会話に使えるようにすることと声に出すことで感覚的に文の語順を身体に染み込ませていくのが目的です。

電車の中など音読できない場面は黙読しています。

 

ノートに書いた日本語例文を見て頭の中で英作文

英語で数回音読

スピーキングしたものが合っているかどうか、その都度ノートを見て確認

 

この作業を別の例文でも繰り返していきます。

ルーティーン②:例文をタイピング【日本語】

ノートを見ながら例文(日本語)をタイピングしていきました。

このとき動詞や名詞などはその時の気分などで他の単語に入れ替えながらやっています。

タイピングする場所はエクセルやワード、メモ、でもなんでもいいと思います。

このときも書いた例文を英語にして発音練習も同時に行います。

この時点で日本語でタイピングをしておく理由としては、次のステップで紹介する「日本語を見て英語でタイピングする」事前準備にもなります。

このステップは省略しても良さそうですが、自分はやったほうがやりやすいと感じています。

ルーティーン③:例文を見て英作文&タイピング【日本語→英語】

このステップでは先程のステップでタイピングした日本語例文を見て英語でアウトプットしました。

このときも音読しながら行います。

それでは今回実際に書いたものを紹介します!

 

注意!

この記事で紹介している英文は基本的に自分自身の学習用に作成した例文になります。

なので細かい文法ミスやスペルミスもあると思うので例文を作る際の参考程度にしてみてください。

 

 

海外に行くことはたのしい。

To go abroad is fun.

 

 

私の趣味は食べることです。

My hobby is to eat.

 

 

私は食べることが好きです。

I like to eat.

 

 

食べることはワクワクします。

It is excited to eat.

 

 

その方法は英語を話すことを可能にします。

The way make it possible to speak English.

 

 

これは指摘される問題です。

This is the problem to be pointed.

 

 

私は使うためのお金を持っています。

I have money to use.

 

 

AIは理解する能力を持っています。

AI has the ability to understand.

 

 

その機械は1日1000個ものクッキーを作る生産能力を持っています。

The machine has the capacity to make as many as 1000 cookies a bay.

 

 

私は投資する試みを始めました。

I began the attempt to invest.

 

 

彼女は海に飛び込む勇気を持っています。

She has the courage to dive into sea.

 

 

彼らは駅を建設する決定をした。

They decided the decision to build a station.

 

 

私は貯金する努力をしています。

I am doing the effort to save money.

 

 

あなたの留学する意図は何ですか?

What is your intention to study abroad?

 

 

私は一人旅する計画があります。

I have the plan to travel alone.

 

 

私は今日友達と会う約束があります。

I have the promise to see my friend today.

 

 

私は参加する権利はありますか?

Could I have the right to join?

 

 

リッツカールトンに泊まるとはメアリーはリッチだ。

It is so rich of Mary to stay Ritz carlton hotel.

 

 

パリに行くためにフランス語を勉強しました。

  • I studied French to go to Paris.
  • so as to go to Paris.
  • in order to go to Paris.

 

 

試験に落ちないように一生懸命勉強した。

  • I studied very hard not to fail the exam.
  • so as not to fail the exam.
  • in order not to fail the exam.

 

 

メアリーはリッツカールトンに泊まるほどリッチだ。

Mary is so rich as to stay Ritz carlton.

 

 

メアリーに英語で話しかけたけた結果、彼女は日本語を話すと気づいた。

I talked to Mary with English to find she speaks Japanese.

 

 

ハワイに行った結果、地元グルメを食べただけだった。

I went to Hawaii only to eat the local food.

 

 

その試験に落ちてとても残念だった。

I was very sorry to fail the exam.

 

 

このチームでプレーできてとても幸せでした。

I was very happy to be able to play this team.

 

 

そのペンは使いにくい。

The pen is hard to use.

 

 

メアリーに会うことを切望しています。

I am anxious to see Mary.

 

 

彼女は留学することを決意しています。

She is determined to study abroad.

 

 

彼はしきりにメアリーに会いたがっている。

He is eager to see Mary.

 

 

ジムに通いたいと思っています。

I am inclined to go to gym.

 

 

始める用意ができています。

I am ready to start.

 

 

喜んで参加します。

I am ready to join.

 

 

注射したくない。

I am reluctant to inject.

 

 

彼女は勉強したがらない。

She is reluctant to study.

 

 

彼女はきっと成功する。

  • She is certain to succeed.
  • She is sure to succeed.

 

 

快く協力しますよ。

I am willing to cooperate.

 

 

私たちは誰を指名すべきか迷っている。

We wonder who to pick.

 

 

どれを買うべきか迷っています。

I wonder which to buy.

 

 

次何をすべきか分かりますか?

Do you know what to do next?

 

 

いつ出発するべきか。

when to leave

 

 

どこで食べるべきか。

where to eat

 

 

これをどう使うか教えてくれませんか?

Could you tell me how to use it?

 

 

彼女は留学するらしい。

She seems to study abroad.

 

 

偶然メアリーに会いました。

I happened to see Mary.

 

 

今日オフィスに行くことになっています。

I am to go to my office today.

 

 

彼女は英語を話すようになった。

She came to speak English.

 

 

そのバッグは小さいと判明した。

The bag proved to be small.

 

 

その便は欠航すると判明した。

The flight proved to cancel.

 

 

私は引っ越すことにしました。

I decided to move.

 

 

今日英語の勉強をすると思います。

I expect to study English today.

 

 

明日までに必ずやります。

I never fail to do by tomorrow.

 

 

そこに行くことを拒みました。

I refuse to go there.

 

 

アメリカに留学したいです。

I wish to study abroad to America.

 

 

来月からジムに通うつもりです。

I mean to go to gym.

 

 

メアリーに勉強するように言った。

I told Mary to study.

 

 

メアリーはカードをチャージすることを気づかせてくれた。

Mary reminded me to charge a card.

 

 

メアリーに歩くようすすめた。

I advised  Mary to walk.

 

 

メアリーに海外に行くことを許可した。

I allowed Mary to go abroad.

 

 

メアリーにお菓子を買うように頼んだ。

I asked Mary to buy a snack.

 

 

お母さんは私にごはんを食べさせた。

My mom caused me to eat a food.

 

 

彼は選手に無理に練習させた。

He forced the player to practice.

 

 

私はUCLAが勝つと思います。

I expect UCLA to win.

 

メアリーにEメールを使えるようにしました。

I enabled Mary to utilize E-mail.

 

 

メアリーが落ち込まないように励ましました。

I encouraged Mary not to feel down.

 

監督はオーナーに説得してその選手をドラフト会議で指名させました。

Our manager persuaded the owner to pick the player at the draft.

 

 

彼はメアリーに作業を止めるよう命じた。

He required Mary to stop the work.

 

 

メアリーにその祭りに参加してもらいたい。

I want Mary to join the festival.

 

メアリーが料理するのを手伝った。

I helped Mary cook.

 

 

私たちは彼らが寄付することを促進します。

We help them donate.

 

 

メアリーにディズニーランドに行かせてやった。

I let Mary go to Disneyland.

 

 

メアリーに勉強させた。

I made Mary study.

 

 

メアリーにお菓子を買ってもらった。

I had Mary buy the snack.

 

 

メアリーが成長するのを感じました。

I felt Mary grow up.

 

 

メアリーが話すのが聞こえます。

I hear Mary talk.

 

 

メアリーが歌うのを聞いた。

I listened to Mary sing

 

 

メアリーがそこに行くのを見た。

I looked at Mary go there.

 

 

メアリーが浮気したのに気づいた。

I observed Mary cheated on.

 

 

メアリーが勉強するのが見えた。

I saw Mary study.

 

 

メアリーがバスに乗るのを見守った。

I watched Mary get on the bus.

 

キク英文法の不定詞項目はボリュームがたくさんあって大変でした(笑)

さいごに:今回の学習を振り返って

今回の不定詞の学習で意識したポイントは、

  • 知覚動詞(hear feelなど)、使役動詞(let,makeなど)の場合は原形不定詞
  • それ以外の動詞はto不定詞が続く

 

 

ということを意識して学習しました。

 

  • I hear her sing.
  • I make her study.
  • I told her to study.

 

 

こんな感じですね。

今回紹介したものは不定詞ですが、今月はそれ以外の文法事項も学習しました。

主に昼休みや通勤、帰宅時間など隙間時間を活用して学習していきました。

声の出せない場所の時は黙読、例文作成に時間を割くなどシチュエーションに応じた学習を心がけています。

人それぞれ学習法はあると思いますが個人的には、

文法事項を理解する ⇒ 自分で例文を作ってみる ⇒ 音読する ⇒ 日本語を見て英語で言えるようにする

 

このサイクルを続けていけばいい感じに身についてくるのかなと感じています。

何か少しでも参考になれば幸いです。