アメリカ短期留学!ホームステイ先での生活を大公開




こんにちは!

今回は過去に3週間のアメリカ短期留学経験のある私が体験したホームステイ先での生活内容をお伝えできればと思います。

ホームステイを経験したことがない人にとってはすべてが未知の世界だと思います。

ましてや海外ですし文化の違いや言葉の違い、戸惑いもあるはずです。

  • どんなホストなんだろう
  • ルールとかあるのかな
  • 食事ってどうするの
  • 洗濯は?
  • どんな部屋なの
  • 受け入れるのはわたしだけ?
  • ちゃんとコミュニケーションをとれるかな

などなど、さまざまな不安や想いがあると思います。

なので今回は私が実際に体験したホームステイ先での生活について紹介します。

ただし生活ルールや過ごし方はホームステイ先によって異なります。

あくまでも私のホームステイ先での体験談なので参考としてみてもらえたらと思います。

それではいってみましょう!

ホストファミリー

私のホームステイ先のファミリーはフィリピン系のアメリカ人でした。

ホームステイといえば欧米系のファミリーをイメージするかと思いますがそうとは限りません。

アメリカは多民族国家なのでさまざまな人種の人がいます。

中国系やインド系などアジア系アメリカ人といったケースも多いので頭に入れておきましょう。

私たちと話すときは英語で会話しますが母国語の訛りとかで発音やイントネーションが気になったりするとは思います。

家族同士で話すときはタガログ語(フィリピンの公用語)で話していたので何言っているかわからなかったです(笑)

食事

朝は基本的には毎日シリアルです。

キッチンに牛乳と3、4種類のシリアルが置いてあるので「自由に食べてねっ」といった感じです。

▲こんな感じで準備されています。

だいたい朝7時くらいにはすでに準備されていました。

こんな感じです。

たまにシリアル以外にもスコーンとか置いてあったので食べました。

同じ学校のクラスメイトにも聞いたのですがその子のステイ先も毎日シリアルとのことでした。

だいたいアメリカの朝はそんな感じが多いのではないでしょうか。

昼は基本的に出ません。

なので学校の売店で買うか、ファストフード店や学校近くのカフェ、ショッピングセンターのフードコートで食べるといった感じです。

私は食べるのが好きなので観光がてらいろんなお店やカフェに行きランチを食べていました。

あとクラスメイトと一緒に食べに行ったりしました。

私のステイ先のホストマザーからはパンをランチに持っていってもいいといわれました。

一緒に住んでいたルームメイトはパンにジャムを塗ったりして学校に持って行っていましたよ。

夜はホストマザーが料理を作ってくれます。

私のステイ先では18時か18時半からディナータイムでした。

だいたいライスとなんらかの煮込み料理か炒め物、サラダの組み合わせ。

ライスにかけて食べるようなスタイルです。

個別に準備されているのではなく必要な量だけ取りに行くバイキングスタイルでした。

アメリカの食生活といえば肉だけで野菜は全くないといったイメージもあるかと思いますがサラダもありましたし、煮込み料理や炒め物にも野菜は使われていました。

なぜか写真を撮っていなかったので見せられないのが残念( ;∀;)

帰るのが遅くなって食べようとしたときには、ご飯が冷え冷えでした。

いま思えばレンジで温めてもよかったのかなといまさら思っています(笑)

部屋

一軒家にホストファミリー以外にも世界各国から私と同じようにホームステイをしている人が5、6名ほど住んでいました。

国籍はタイ、ブラジル、韓国、日本です。

2階そして地下にも部屋がありました。

それぞれ一人部屋です。

部屋はベッド、机、クローゼットといったシンプルな感じ。

テレビが付いていないのがちょっときつかったです。

洗濯

洗濯は毎日洗うといった習慣ではないようです。

だいたい1週間に1回まとめて洗濯するといった感じです。

確か毎週何曜日というように洗濯できる日が決まっていたような気がします。

でも帰国前日に洗濯がしたくて、その日は洗濯の日ではありませんでしたがファミリーにお願いしたら洗濯機を使わせてもらいました。

バスルーム

トイレとバスルームは一緒になっています。

こんな感じです。

誰かがトイレかバスルームを使っていると両方使えません。

なので迷惑にならないようにできるだけ早く終わられるようにしました。

ステイ先によってはシャワーを使う時間とか決まっているところもあると思います。

そういったルールは初日に教えてくれると思います。

ボディーソープやシャンプーは共用のものはなくそれぞれ個人で準備でした。

名前を書いてそのままバスルームに置いていてもいいと思いますが、使われるのが嫌ということであればその都度持ち込んだ方がいいと思います。

あとびっくりしたのが韓国人の女の子がシャワー上がりでバスタオル1枚で廊下を歩いていたこと(笑)

ちょうどすれ違って言葉を交わしても特に恥ずかしがる様子もなく普通だったので、それが普通なんだなと思いました(笑)

ルール

ステイ先によってまちまちだとは思います。

私のステイ先では、

  • 食事のあとの食器は自分で洗う
  • 友達と遊んで夜ご飯食べない時は連絡する・事前に伝えておく
  • 洗濯機を使う日

他にもあったかもしれませんが今思い出せるのはこんな感じ。

私の留学先はカリフォルニア州サンフランシスコなのであまり雨が降らないとされています。

なのでこのような地域にホームステイしようとしている人は水に関しての制限があるかもしれません。

シャワー何分以内とか。

ファミリーとの過ごし方

ファミリーと主にコミュニケーションが取れるのは朝食の時間か夜ご飯のあととかでした。

この時に積極的にコミュニケーションを取って英語力の向上に努めました。

今日はどこに行く予定なのか、学校では何をしたのか、どこに遊びに行ったのか、何を食べたのか、などなど。

その日の出来事を伝えたり、質問に答えたりして会話を楽しみました。

ステイ先によっては土日に一緒にショッピングに行ったり、遊びに行ったりするといったケースもあるみたいですが私はそういったことはなかったです。

ルームメイトとの過ごし方

ルームメイトとは朝、夜の食事の時間に同じリビングで食事をとるのでその時間で主にコミュニケーションをとっていました。

あとはルームメイトの部屋に行って会話したりしました。

それ以外には休日にタイ人のルームメイトと一緒にサンフランシスコの街を散策しタイ料理を食べに行ったり、サンフランシスコの日本街で天ぷらを食べたりもしました。

サイエンスミュージアムにも行ったり。

ルームメイトと仲良くなれば休日に遊びに行ったりしてもいいですよね。

まとめ

ホームステイ先での生活の様子をお伝えしました。

ステイ先での食事内容や生活の様子などなんとなくイメージは持っていただけたでしょうか。

あくまでもこれは一例なのでステイ先によって異なります。

私が実際に体験したことを参考にこれからホームステイを考えている人たちの力に少しでもなれたらと思っています。

海外の文化に触れて実際に生活してみることで必ず学ぶことがあると思いますので充実したホームステイ生活を楽しんでください!