アメリカ短期留学での授業内容&様子や感じたこと5つ




こんにちは!

私はアメリカ・サンフランシスコに3週間の短期留学を経験したことがあります。

でも自身の英語は中学レベル以下。

なんとか自己紹介や単語をつなげてコミュニケーションができる程度の状態でした。

ホームステイをして語学学校に通っていたのですが、その時の授業内容や感じたことを5つに絞ってお伝えできればと思います。

①:授業は英語を英語で教える

まず1つめですが、当然な事ですが授業はすべて英語で行われます。

「英語が分からないから、英語を勉強しに来ているのに、英語で教えるなんてどういうこと?(笑)」

なんて思ったりしていました。

でもそう思いません?(笑)

英語を英語で教えてもらっても、さらに訳が分からない状態ですよ( ;∀;)

ほんと初心者レベルで留学に行ったので授業についていくのに苦労しました。

初日はこれからどうなることやらと心配だらけでした。

でも、なんとかニュアンスや雰囲気で乗り越えることができました。

英語しか使えない環境に置かれたら、なんとかその環境に体が順応しようとするんですね。

今考えたらよくあんな状態で英語だらけの環境に飛び込めたなって思います(笑)

➁:意外に文法をしっかり教える

2つめは意外に文法をしっかりレクチャーしてくれるということです。

語学学校だから当たり前のことだとは思うんですが基本からしっかり教えてくれます。

私のイメージでは文法はそこまで重視せずに、会話やコミュニケーション中心の授業だと思っていました。

でも実際はbe動詞、動詞など中学で習うような部分から丁寧にレクチャーが入りました。

なので今後留学を考えている人は文法用語はある程度、英語で覚えておいた方がいいです。

もしくはノートに事前に書いておいた方がいいでしょう。

私もそのように留学エージェントの人から教えてもらい渡米間近に覚えようとしました。

例えば、

  • subject:主語
  • verb:動詞
  • object:目的語
  • adjective:形容詞

などなど、これらの英単語を使って文法を説明するので覚えておいたら授業も多少は楽になると思いますよ。

➂:クラスメイトの質問や発言が積極的

3つ目はクラスメイトの質問や発言が積極的ということです。

これは結構圧倒されます(笑)

日本人ってどうしても自分の意見を表に出さないって言われていますよね。

でも外国人はどんどん積極的に発言してきます。

もうほんとお構いなしに(笑)

先生への質問もそうですが、ヒートアップするとクラスメイト同士で熱い討論が始まったりします( ;∀;)

先生もちょっと顔が引きつっていました(笑)

自分はそんなに発言したり、自分から話しかけたりするようなタイプではありませんが、この時だけは周りに負けじと無理して発言するようにしました(笑)

でもそうすることで英語を話す練習にもなるのでいい機会だと思いました。

④:母国語の使用禁止

4つめですが、教室内では母国語を使ってはいけないというルールもありました。

定かではないですが学校内もおそらく禁止だった気がします。

全世界から英語を学びに学校に来ているわけですが、同じ国同士の人と一緒になったら母国語で話したい気持ちにもなっちゃいます。

クラスメイトの韓国人同士が韓国語で話していたら先生から注意されていました。

そこは我慢ですね。

私も教室以外でも学校内であれば日本人でも基本英語で会話しました。

➄:先生を呼び捨て

最後ですが、先生を呼ぶときに呼び捨てするということです。

これも日本との違いを感じました。

普通は先生を呼ぶときは「先生!」や「〇〇先生!」と呼びますよね。

しかしアメリカでは”teacher”とは呼びません。

名前で呼び捨てで良いんです。

Michael!(マイケル!)みたいな。

なんか違和感ありますよね( ;∀;)

私も質問があるときに”teacher!”と呼んでいたのですが、先生から「普通は”teacher”とは呼ばない。ファーストネームで呼ぶ。」と言われました。

これも文化の違いなんですね。

まとめ

アメリカ短期留学での授業内容や様子、感じたことをお伝えしました。

まとめると、

  • 授業は英語を英語で教える
  • 意外に文法をしっかり教える
  • クラスメイトの質問や発言が積極的
  • 母国語の使用禁止
  • 先生を呼び捨て

といった感じになります。

授業中でも日本との文化の違いがわかるできごともあり、そのものが良い経験になり学びでもありました。

英語の授業を英語で受ける大変さを実感しましたし、基本的な英文法からレクチャーするといったところは個人的には意外でした。

アメリカの語学学校での授業の様子や内容がなんとなくでもイメージできればうれしいです!