分詞を身につけよう!キク英文法を使って英語学習




こんにちは。

今回はキク英文法を使って分詞を学習したのでその方法を紹介していこうと思います。

この記事では、

  • キク英文法を使った例文の作り方が知りたい
  • 他人がどのようにキク英文法を使って英語学習をしているか気になる
  • キク英文法を使って分詞を身につけたい
  • 分詞を使って英会話に活かしたい

 

そんな方におすすめです。

私自身も試行錯誤しながら英語力アップに励んでいます。

【2020年7月度】ネイティブキャンプスピーキングテスト結果発表【1回目】

その①:Rule123-132文法事項を確認【理解する】

分詞の項目はキク英文法のRule123-132です。

 

まずはここで解説されている文法事項を読んで例文と照らし合わせながら理解していきます。

その➁:キク英文法の分詞を使えるようにする【例文作成】

続いて文法事項を利用して英文をつくります。

できるだけ自分が想定できるシチュエーションや経験をイメージしながら例文をつくります。

ここで心掛けることは、

  • 今回で学習している文法事項以外の文法ミスについてはあまり気にしない
  • できるだけ簡単な文章
  • 細かいスペルミスも気にしない

 

ということです。

そこに気を取られていると今回身につけようとしている文法事項にフォーカスできないので時間効率が悪くなってしまうと感じました。

 

注意!

ここで紹介している英文は自分自身の学習用に作成した例文になります。

なので細かい文法ミスやスペルミスもあると思うので例文を作る際の参考程度にしてみてください。

 

こんな風に作っているんだなーと感じてもらえればうれしいです。

実際にキク英文法と照らし合わせながら見てみてください。

 

私は新しく販売されたiPhoneを持っています。

I have newly sold iPhone.

 

 

こちらは東京から来たバスです。

This is the bus came from Tokyo.

 

 

私はメアリーが勉強しているのに気づきました。

I noticed Mary studying.

 

 

彼らはその魚を泳いでいる状態にさせた。(その魚を泳がせた。)

They made the fish swimming.

 

 

私はそのお菓子を買ってもらいました。

I had the snack bought.

 

 

私たちはそのミスを指摘されました。

We had the miss pointed.

 

私はその会社が買収されるのを聞きました。

I heard the company bought.

 

 

彼らはその牛肉を熟成させた状態に保ちました。

They kept the beef aged.

 

 

私たちはメアリーが空港に到着した状態であってほしい。(到着していてほしい。)

We want(like) Mary arrived at airport.

 

 

私はメアリーが授業を受けている状態であってほしい。(授業を受けていてほしい。)

I want(like) Mary taking a class.

 

 

そのレストランに行ったけど、地元グルメを食べることができなかった。

Having gone to the restaurant, I couldn’t eat the local food.

 

 

タイで作られたので、そのカレーは辛い。

Made in Thailand, the carry is spicy.

 

 

一般的に言って、それは正しいです。

Generally speaking, it is correct.

 

 

その状況を考えると、あなたの行動は危険があります。

Considering the situation, your action has risk.

 

 

率直に言えば、あなたは上手いです。

Frankly speaking, you are good.

 

 

あなたの意見から判断すると、今日は雨になるでしょう。

Judging from your opinion, today will be rainy.

 

 

日本といえば、お寿司ですね。

Speaking(Talking) of Japan is Sushi.

 

 

厳密に言えば、それは違います。

Strictly speaking, it is not correct.

 

 

ハワイに行った時、ロコモコを食べました。

Having gone to Hawaii, I ate locomoco.

 

 

ケバブを食べながらその道を歩きました。

I walked the street eating kebab.

 

 

その卵を混ぜて食べてください。

Please eat with egg mixed.

 

 

免許がないので、運転できません。

There being no license, I cannot drive.

 

 

その➂:ノートにつくった例文を書く

いつでもどこでも学習できるように小さめの手帳タイプのノートに書きます。

ここで書く時のポイントは、写真のように日本語を上段にまとめて書いて、そのあとに下の段に英語を書きます。

そうすることで、日本語を見て瞬時に英語に変換できる力をつけるのが目的です。

英語のすぐ下に日本語訳が書いてあると目がそちらに行ってしまい瞬間英作文がやりにくいと感じたからです。

その④:日本語を見て英語に変換する・音読する【身体に染み込ませる】

日本語を見てスッと英語に変換して口に出せるように音読していきます。

瞬時に会話に使えるようにすることと声に出すことで感覚的に文の語順を身体に染み込ませていくのが目的です。

電車の中など音読できない場面は黙読しています。

これによって英会話力はもちろんのこと今後のTOEICスコアアップを狙っています。

私も初TOEICの散々な結果からの巻き返しに奮闘中です!(笑)

初TOEICは200点でした!初受験の目的、今後の目標と対策など

さいごに:その①~④を繰り返す

キク英文法を使った分詞を身につける学習の流れをお伝えしました。

人それぞれ学習法はあると思いますが個人的には、

文法事項を理解する ⇒ 自分で例文を作ってみる ⇒ 音読する ⇒ 日本語を見て英語で言えるようにする

 

このサイクルを続けていけばいい感じに身についてくるのかなと感じています。

ここでは試験対策の学習だけではなく文法事項を使って実践で使えるような使い方をお伝えしました。

何か少しでも参考になれば幸いです。

補足:その他の文法事項もキク英文法で学習

その他の文法事項についてもキク英文法で学習しています。

例文を作る際の参考などにしてみてください。

受動態を身につけよう!キク英文法を使って英語学習

疑問詞を使った表現を身につけよう!キク英文法を使って英語学習

比較表現を身につけよう!キク英文法を使って英語学習