【ラオス料理】ラープはスパイシーな味が食欲をそそる




ラオスの代表的料理「ラープ」についてお伝えします。

 

  • ラオス料理に興味がある
  • ラオス料理ってどんなもの?
  • ラープってどんな料理?

 

など、これからラオス料理を食べたいと思っている方やラープを食べたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ラオスの基本情報

国名:ラオス人民民主共和国(Lao People’s Democratic Republic)

面積:236,800平方km

首都:ビエンチャン

言語:ラオス語

主な宗教:仏教

通貨:キープ (Kip)

主な航空会社:ラオス国営航空

ラープはラオスの国民食

ラープはラオスの代表的な料理です。

ラオスの国民食ですが、タイの北東部でも食べられているとのこと。

肉の種類は豚、牛肉など選ぶことができます。

ひき肉やハーブ、唐辛子、細かくした生野菜と和えられています。

生の野菜もたくさん使われています。

肉サラダというようなことも書かれていますが、実際に食べてみたところ、サラダという感覚ではなく普通にメインのおかずとしても食べられます。

濃い目の味付けです。

出来上がりは熱々といった感じではなく、少し冷めた仕上がり。

サラダという立ち位置だからでしょう。

結構辛いので、横に添えられているキャベツと食べてみましょう。

キャベツの甘みが、辛さをマイルドにしてくれます。

カオニャオと一緒にどうぞ

カオニャオというもち米のご飯と一緒に食べるのが最高に合います。

カオニャオを食べる時は、手でコネながら食べるのが定番とのこと。

ただ、できたては熱いので気をつけて。

私の場合、何回か手でコネて食べましたが、ほとんど普通にお箸で食べました。

ラープのおさらい

今回はラオスの代表的な料理「ラープ」をご紹介しました。

実際に食べて、感じたことをまとめると、

  • 結構スパイシー
  • カオニャオ(もち米)と食べるのがおいしい
  • 濃い目の味付け
  • ご飯に合う
  • サラダっぽいけどおかずにもなれる

といった感じでした。

ラオス料理に興味のある方は、ぜひトライしてみてください。

ちなみに、ラオス語でおいしいは「ແຊບ(セェープ)」と言うそうです。

以上、食の世界旅行でした!

関連記事

【世界の料理①】フィリピン共和国

スウェーデン料理を食べてみた

めっちゃ濃厚!香港式ミルクティーはひと味違うよ!

【エッグタルト】香港式とマカオ式の違いについて解説するよ!

【世界の料理②】新疆ウイグル自治区