アメリカ短期留学の準備はいつから何をすればいいのか




お疲れ様です!

英語力ほぼ無いながらもアメリカに短期留学したことのある英語勉強家のAkiです(^^♪

今回はアメリカ短期留学の準備についてお伝えします。

実際に3週間のアメリカ短期留学経験がある私が過去の経験を踏まえてお伝えします。

大まかに私の留学概要はこんな感じ。

  • 都市:アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ
  • 学校名:セントジャイルズ・インターナショナル・サンフランシスコ(今は閉校してるっぽい( ;∀;))
  • 期間:3週間
  • 留学費用:約34万円(往復航空券・ホームステイ代・授業料込み)
  • 現地費用(お小遣いなど):5~10万円

 

という感じです。

初めて数週間程度の短期留学に行くにあたっていつから準備したらいいのか、英語の勉強はどのくらいしておくべきなのか、などなど不安もたくさんありますよね。

そんな不安を解消します。

実際にわたしも「英語はどのくらいのレベルでいいのか」とか「当日までに何をすればいいのか」とか留学するにあたっての準備に不安になったこともあります。

この記事では主に、

  • 1週間から1ヶ月程度の短期留学を考えている人
  • 短期留学を考えている学生、社会人

 

におすすめの内容になっています。

留学前の準備に参考にしてみてください。

それではいってみましょう!

準備をはじめた時期・取り組んだこと

まずはこちら。

これらは実際に私が準備を始めた時期や取り組んだことです。

  • 出発予定の3~4ヶ月前に留学エージェントに相談
  • 英会話スクールに数回通う
  • エージェント主催の出発前セミナーに参加
  • リスニングや文法用語を中心に自主学習

 

それぞれ深掘りしていきましょう。

準備①:出発予定の3~4ヶ月前に留学エージェントに相談

私は出発予定の3~4ヶ月前に初めて留学に対して行動をとり始めました。

それまでは「留学したいなー」ってなんとなく頭の中で思いつつネットで調べたりしていたのですが本格的に動いたのは出発4ヶ月くらい前です。

まずは「留学ジャーナル」というエージェントにネットから無料相談の申し込みをしました。

そのあと返事が来て相談日程を決めました。

そして留学ジャーナルのオフィスに実際に行って相談をしました。

担当の女性の方はとても親身になって相談に乗ってくれました。

行きたい国やどういう目的で行きたいのかなどなど話しました。

2回ほど相談に通いアメリカに行くことを決意しました!

準備➁:英会話スクールに数回通う

留学ジャーナルで申し込んだことでイーオンでの無料の英会話レッスンが数回受けられるという特典が付いていました。

なので私は2、3回くらいだったかな。

イーオンにレッスンを受けに通いました。

実際にクラスに参加して複数名で授業を受けました。

日常英会話を学ぶといったクラスに参加。

自己紹介やイラストを使ってフレーズを音読したりしました。

おそらく優しめのコースだとは思いましたが、英語力のない私にとっては結構ハードでした( ;∀;)

出発前に実際に会話をして慣らすといった感じです。

現地での語学学校での授業を疑似体験できるので練習試合と思って参加した方がいいと思います。

宿題とかも一応渡されました。

レッスンに限らず特典とかで無料で受けられるものはできるかぎり受けていたほうがいいと思います。

準備➂:エージェント主催の出発前セミナーに参加

出発の何日か前にエージェントの主催する出発前セミナーに参加しました。

このセミナーでは現地での過ごし方や注意点、英語の勉強法、持ち物などのレクチャーがありました。

他のエージェントはどうなのか分かりませんが留学ジャーナルはこのようなセミナーがありました。

この事前セミナーは参加した方が絶対いいと思います。

すごくためになる話を聞くことができます。

事前準備にとっても活用できます。

特にこのセミナーでためになったのは出発までの英語の勉強のポイント。

次の項目でお伝えしますね。

準備④:リスニングや文法用語を中心に自主学習

留学が決まってから自宅でも自分なりに英語の勉強をしていました。

リスニングを中心にやっていました。

あともうひとつ力を入れて取り組んだのは単語を覚えること。

しかもその単語はとりあえずなんでもというわけではなく文法に使う単語です。

どういうことかというと「動詞」や「形容詞」といった意味を英単語で覚えることです。

なぜなら留学先での授業ではすべて英語で行われます。

「英語がわからないから英語を勉強しに来ているのに英語で授業をされてもわかんない( ;∀;)」

って思うかもしれませんがすべて英語です(笑)

もちろん文法も英語で授業します。

なので文法用語を英語で理解できるようにだけはなっていたほうがいいと思います。

例えば、

  • 主語:subject
  • 動詞:verb
  • 形容詞:adjective
  • 副詞:adverb

 

このような単語です。

授業では必ず出てきますので押さえておきましょう。

英語を学ぶための英語ですね。

事前セミナーに参加してためになった勉強ポイントなので留学の事前準備のためにはおススメです。

私もノートに書いたりして文法用語を英語で覚えられるよう努力しました。

でも実際に授業になったらそれどころではありませんでしたが(笑)

もっとやっておけばと思ったこと

あとから留学生活を振り返って出発前にもっとこうしておけばよかったなってことを紹介します。

  • 出発までの学習計画を立てる
  • スピーキングを増やす
  • 中学英語の文法をおさらいする

 

この3つです。

①:出発までの学習計画を立てる

私は出発までの英語の学習計画をしっかりと立てることなく取り組んでいました。

なんとなく手当たり次第にやっていた感じです。

なのでいまいち出発までに英語力が上がったことを実感できることなく当日を迎えました。

いついつまでに何をやって、というように週単位で計画表をつくって英語学習を進めていくことをおススメします。

➁:スピーキングを増やす

英語を聞き流してリスニングは結構やっていたのですが音読などのスピーキングはほとんどやってこなかった記憶があります。

英語は口に出すことで話せるようになるし聞き取れるようにもなるといわれています。

インプットだけでなくアウトプットにも重点を置けばよかったと後悔しています。

➂:中学英語の文法をおさらいする

しっかりと学習計画が立てられなかった影響もあり中学英語も分からない状態でした(笑)

聞き取れればどうにかなるだろう精神でいたのが失敗でした。

英会話は中学で習う英文法で十分といわれています。

この文法をしっかり計画をたてて学ぶべきでした。

まとめ:事前準備は念入りに

留学に向けて準備を始めた時期や取り組んだことをまとめると、

  • 出発予定の3~4ヶ月前に留学エージェントに相談
  • 英会話スクールに数回通う
  • エージェント主催の出発前セミナーに参加
  • リスニングや文法用語を中心に自主学習

 

といった感じです。

もっと準備しておけばよかったことは、

  • 出発までの学習計画を立てる
  • スピーキングを増やす
  • 中学英語の文法をおさらいする

 

といった感じです。

短期留学であってもせっかく海外留学をするなら万全の準備で臨みたいものですよね。

特に社会人であれば貴重な休みを利用して、大学生であれば長期休暇を利用して行かれる方が多いと思います。

そんな留学生活を充実させるためにも事前の準備は大切です。

この記事が今後留学を考えていたりする社会人や学生さんにとって少しでも参考になればうれしいです。

最高の留学生活になることを祈っています!(^^)!