英語学習のやる気が出ない…なぜ英語が話せるようになりたいのか今一度考えてみる




みなさんも英語学習をしていく中で、何のために英語を勉強しているんだろうという感情になった経験はないでしょうか?

また、英語学習に対するモチベーションが維持できなかったりすることもあるかと思います。

私自身も、そういった気持ちになることがありますので、なぜ英語を話せるようになりたいのか、できるようになりたいのか、一から考えてみることにします。

世界中の人とつながりたい

海外に興味がある、世界の食文化に興味がある、海外とコミュニケーションをとりたい、こういった気持ちがあります。

日本の文化を共有したり、海外の文化を知るためには英語でコミュニケーションをとった方がたくさんの情報を得られる。

日本語だけだと、日本人が日本語を話せる外国人に限られるけど、英語が話せればその可能性は一気に広がる。

情報を得られる範囲、伝えられる範囲が圧倒的に変わってくる。

日本語話者は世界でも1億2,500万人程度で、世界でも10位周辺。

一方で、英語話者は約11億人と、その差は歴然です。

10倍程度可能性が広がるということです。

お金を稼ぐため

英語ができれば収入にも反映されると聞きます。

なので、自身の収入を上げるためにも英語学習をやっていきたい。

ただ、自問自答してみるとTOEICで高スコアを求められる会社や仕事を目指しているということは正直ない気がする。

少し英語ができて、少し英語を活かせる仕事ができたらな、そんな程度な気がする。

周りの人より、ちょっとできる程度。

なので、外資系企業や海外とのやり取りでバリバリ、ガッツリって感じよりも、ゆるーく英語が使える仕事ができればなと。

ただ、英語を趣味だけにはしたくない気持ち。

少しでもお金に換えていきたい、といった気持ちです。

趣味にしているといつまで経っても英語力が伸びない気がする。

もちろん、単なる楽しいとかの感情で上達する人はいると思いますが、自分の場合だとそれは難しそうです。

お金の話ばかりするのも、ちょっとあれですが、目の前ににんじんがぶら下がってないと、お尻に火がつかないというか、エンジンがかからない気がします。

あくまでも自分の場合ですが。

でも、同じような感覚の人もいるかと思います。

将来へのリスクヘッジ

ここも、お金につながる部分かと思いますが、将来に対するリスクヘッジ。

新しい仕事を探す際に、日本語しかできないよりは、英語ができれば、その選択肢は広がる気がするから。

将来、年金生活になったときに、アルバイトをするにしても単なる肉体労働よりも、ツアーガイドをしたり、外国人を案内したり、そういった仕事につきたい。

海外から来た人のために役に立つ仕事で収入を得たい。

そういった気持ちがあるわけです。

英語学習に時間やお金をかけることは、将来の収入をつくるための先行投資。

将来お金を稼げるようになるための目に見えない資産を積み上げる。

そういった自分自身をマネジメントする、将来を見据えた経営者のような思考。

必要に迫らないとやらない

人間の意思はそんなに強くはありません。

危機迫る状況じゃなければ行動には移せません。

受験に必要、仕事で昇進に必要、ひとりで海外で生活しなければならないなど。

英語を使わなければ生き残れない環境に身を置かない限り劇的な成長は望めない気がする。

だからといって、諦めるのではなく、英語を使って何がしたいのか、どうなりたいのか、それを明確にする必要がある。

ただただ、なんとなくやっているだけでは英語を勉強しているのが辛くなります。

みんなが英語バリバリを目指さなくてもいい

英語学習のモチベーションが維持できないのは、自分自身で目標のハードルを上げてしまっている可能性もあります。

バリバリに英語を使いこなさなくちゃいけないとか、バリバリに使えないと英語を勉強している意味がないとか、何かと完璧を目指しがち。

それゆえ、そのレベルに達していない自分に嫌気がさして、何のために英語やっているんだろうという感情になっているかも。

目標を高く持つことは、もちろん大切なことですが、みんながみんな、海外で働けるくらいの英語力を身につける必要はなくて、結果としてそうなれば良いけど。

まずは、周りの人よりもちょっと英語ができるくらいを目標でいいんだと思う。

そこから徐々に目標を上げていけばいい。

貯金ができたのも目標が明確だから

貯金もしていて、将来的な目標金額もあって、それに向けて進捗状況も順調なわけですが、なぜそれができているか考えたところ、やはり目標が明確だからだと思いました。

「65歳までに1億円をつくる」を目標に日々生活しているのですが、これがやはり自分のモチベーションになっているんですね。

こういう目標があるから頑張れるわけなんです。

だから、この思考も英語学習に応用してみようと思います。

まとめ

私が英語学習をする理由は、最終的には収入につなげるため。

趣味だけにはしたくない。

ここで書いた気持ちを心に留めながら英語学習のモチベーションにしていきます。

みなさんも一緒に頑張りましょう。

写真は短期留学時、サンフランシスコのレストランで食べたTad’s Steak Houseのステーキ。

というわけで今回は、以上です。

【関連記事】

留学費用が安い国ランキング!安く行く方法や費用を抑えるコツも紹介