【社会人】キク英文法の学習記録(形容詞)【独学勉強法】




こんにちは。

今回はキク英文法を使って形容詞の学習をしたので、そのことについて書いていこうと思います。

この記事では、

  • 社会人で独学の勉強方法を知りたい
  • キク英文法を使った学習方法を知りたい
  • 他人がどのように英語学習をしているのか気になる

 

こんな人におすすめな記事になっています。

私自身もTOEIC200点から独学でスコアアップ向上を目指して日々英語学習に取り組んでいます。

何か参考になって、英語学習者の方々の日々のモチベーションになればと思っているので、ぜひ見てみてくださいね。

 

あわせて読みたい

初TOEICは200点でした!初受験の目的、今後の目標と対策など

 

私の仕事、学習時間、通勤時間などの基本情報

私の基本情報をまとめたものになります。

                    情報
年代 30代
仕事 サラリーマン
通勤時間 往復約3時間
一日の学習時間 3~4時間
初TOEICスコア 200
留学経験 あり(サンフランシスコ3週間)

形容詞を使った学習記録

形容詞の文法事項を確認し、実際に文法事項を使って自分で作った文を書き出しました。

このように自分で文を作って学習をすすめていきましたので、こんな風に文を作っているんだなと参考にご覧ください。

注意!

ここで紹介している文はあくまでも自分の学習用で作った文ですので、細かい文法ミスやスペルミスがあると思います。なので参考程度にご覧ください。

 

それでは見ていきましょう!

 

彼女は感覚的な何かを持っている。

She has something sensory.

 

 

私はスマートな誰かを知ってます。

I know someone smart.

 

 

そのテレビはどこか故障している。

There is something wrong with the TV.

 

 

多くの学生たちがいます。

There are many students.

 

 

多くのそれらの学生たちはその町を知ってる。

Many of these students know the town.

 

 

多くのこれらは捨てられる。

Many of them are discarded.

 

 

私たちは多くのリンゴを持っている。

  • We have a lot of apples.
  • We have lots of apples.
  • We have plenty of apples.
  • We have a large number of apples.
  • We have a great number of apples.

 

 

彼らは多くのお金を持っている。

  • They have a lot of money.
  • They have lots of money.
  • They have plenty of money.
  • They have a large amount of money.
  • They have a great amount of money.

 

 

多くの会社は指摘された。

A number of companies were pointed.

 

 

会社の数は減ってきている。

The number of company is decreasing.

 

 

私たちは少しのリンゴを持っている。

We have a few apples.

 

 

彼らは少しのお金を持っている。

They have a little money.

 

 

私たちはかなり多くのリンゴを持っている。

We have quite a few apples.

 

 

私はかなり多くのお金を持っている。

I have quite a little money.

 

 

私はほとんどリンゴを持っていない。

  • I have few apples.
  • I have very few apples.
  • I have almost no apples.
  • I have too few apples.
  • I have so few apples.

 

 

私はほとんど知識がない。

  • I have little knowledge.
  • I have almost no knowledge.
  • I have too little knowledge.
  • I have so little knowledge.
  • I have very little knowledge.

 

 

いくつかのリンゴは成長する。

Some apples grow up.

 

 

彼らは多少のお金を持っている。

They have some money.

 

 

多少のリンゴはありますか?

Do you have any apples?

 

 

多少のリンゴもありません。

We don’t have any apples.

 

 

これらの学生のうち何人かはお金持ちになる。

Some of these students become rich.

 

 

どんなリンゴでもおいしい。

Any apple is good.

 

 

それらの祭りのうちどれでも参加できます。

You can join any of these festivals.

 

 

すべてのリンゴは種を持っている。

  • All apples have seeds.
  • All of the apples have seeds.
  • All the apples have seeds.
  • Every apple has seeds.

 

 

すべての知識は私をスマートにする。

Every knowledge make me smart.

 

 

1週間ごとに出かけます。

I go out every one week.

 

 

1日おきにジムに行きます。

I go to gym every other day.

(every second day, every two days)

 

 

彼らは全くお金を持っていない。

They have no money.

 

 

彼らは全くリンゴを持っていない。

They have no apple.

 

 

声は何も聞こえない。

I hear none of voice.

 

 

リンゴは何も見えません。

I see none of apple.

 

 

学生たちは何も見えません。

I see none of students.

 

 

1本もなかったです。

There was none.

 

 

そのクラスのうち誰もそこに行かない。

None of the class go there.

 

 

新庄はスーパースターにほかならない。

Shinjo is none other than superstar.

 

 

彼女は誰にも劣らない。

She is second to none.

 

 

それぞれの車はお金持ちに買われた。

Each car was bought by rich.

 

 

それぞれの私の本はファンに買われた。

Each of my book was bought by my funs.

 

 

それぞれの本があります。

There is each book.

 

 

あなたはそれぞれのその本を買うことができます。

You can each buy the book.

 

 

それぞれのその本を持っています。

I each have the book.

 

 

両方のリンゴを持っています。(漠然とした2つのリンゴのイメージ)

I have both apples.

 

 

両方のそのリンゴを持っています。(特定した銘柄の2つのリンゴのイメージ)

I have both the apples.

 

 

両方のそれらの豆はおいしい。(1パック10個入りの違う種類のナッツが2パック目の前にあるイメージ)

Both of these nuts is good.

 

 

どちらのリンゴもおいしい。

Either apple is good.

 

 

それらのリンゴのうちどちらかはおいしい。

Either of these apple is good.

 

 

どちらのリンゴも持ってない。

  • I have neither apple.
  • I don’t have either apple.

 

 

それらの豆のうちどちらも持ってない。(1パック10個入りの違う種類のナッツが2パック目の前にあるイメージ)

  • I don’t have either of these nuts.
  • I have neither of these nuts.

 

さいごに:形容詞の学習を振り返って

形容詞の学習を振り返ってみると一番厄介なのが数の扱い方だと感じました。

英語って日本語よりも数の扱いに対してすごく厳しいような気がします。

数の表現になると日本語をそのまま訳すと変な感じになると感じました。

ここで意識したことは、

 

  • 頭の中で状況をイメージしながら文をつくる
  • 日本語訳に惑わされない

 

という点です。

頭の中で絵をイメージした方がより状況にあった表現を作れると感じました。

形容詞によってsを付けるか付けないか、でかなり戸惑うこともありましたが数をこなす中でその感覚を身につけていきたいと思います。

みなさんも英語学習がんばりましょう!

キク英文法の学習記録

【代名詞】2021年10月の英語学習記録(キク英文法)【社会人独学勉強法】

【副詞】2021年10月の英語学習記録(キク英文法)【社会人独学勉強法】

【不定詞】2021年10月の英語学習記録(キク英文法)【社会人独学勉強法】

分詞を身につけよう!キク英文法を使って英語学習

受動態を身につけよう!キク英文法を使って英語学習