【ハンガリー料理】ハンガリーの食べ物にトライ!「チルケパプリカーシュ」のレシピ




ハンガリーに行って、現地ならではの料理を食べたいけど、お金も時間もない。自宅で手軽に作れるレシピを知りたいです。

こういった悩みにお応えします。

チルケパプリカーシュ Csirkepaprikás

国:ハンガリー料理

ハンガリー料理チルケパプリカーシュを電子レンジで簡単に使ってみました。

 

  • 自宅で世界のグルメ旅をしたい
  • 海外の食文化に興味がある
  • 電子レンジで簡単に作れる海外料理のレシピを知りたい
  • 一人暮らしの自炊で手間をかけたくない

 

そんな方におすすめの内容となっています。

電子レンジで簡単に作れるレシピですので、おうちで海外旅行気分を味わってみてください。

※このブログで紹介しているレシピは、本格的な世界の料理レシピではなく、自宅で一人暮らし方、仕事で忙しい方でも簡単に作れるようアレンジしています。

実際の現地の本場レシピとは異なる部分もございますのでご了承くださいませ。

また、できるだけシンプルな食材、調味料を選んで作っています。

ハンガリーの基本情報

国名:ハンガリー

※ハンガリーは,憲法を2012年1月1日に改正しました。 これにより正式国名が「ハンガリー共和国(Republic of Hungary)」から「ハンガリー(Hungary)」に変更になりました。

首都:ブダペスト

言語:ハンガリー語

通貨:ハンガリーフォリント

ハンガリー語で「おいしい」は?

Finom(フィノム)

チルケパプリカーシュとは

ハンガリーの煮込み料理のひとつです。

「チルケ」は鶏肉、「パクリカーシュ」は「パプリカ風味の」という意味を表します。

パプリカとサワークリームを使って作るハンガリーで食べられている鶏肉の煮込み料理です。

農場で生まれた料理と言われています。

電子レンジで作るハンガリー料理!チルケパプリカーシュのレシピ

ハンガリー料理で、煮込み料理と聞くと、手間がかかると思っているかと思います。

ただ、今回は一人暮らしの方や時間が無い方でも、電子レンジで簡単に作れるようにアレンジしたレシピを紹介します。

それでは見ていきましょう。

材料(1〜2人分)

鶏もも肉 150g

赤パプリカ(小さめに切る)1/4

トマト 1/4

塩コショウ 適量

ガーリックパウダー 適量

玉ねぎ(みじん切りにする)1/4

バター1切 10g

パプリカパウダー 3g

水 50cc

サワークリーム 50g

作り方

1. すべての食材を耐熱ボウルに入れ、電子レンジで5分間加熱。

2. 一度全体をよく混ぜてから、再度3分ほど加熱してできあがり。

ポイント・補足

鶏もも肉が無ければ、むね肉やささみでも。

ガーリックパウダーは、普通のにんにくでも。

トマトとパプリカは1cm角に切ります。

パスタやライスとあわせてお召し上がりください。

気づき

初回に作った時は、肉を一番最後に入れましたが、2回目では、最初に肉を入れて塩入れました。

個人的には、最初に肉を入れたほうがいいと感じました。

調味料についても、塩だけでも問題ないかと思います。

初回は塩コショウを使いましたが、2回目は味付けは塩のみ。

塩だけでも十分いけると思います。

食材費

すべて一からスーパーマーケットなどで買い揃えた場合の費用を記載しています。

※価格は目安です。

1食あたりだともっと安くなるでしょう。

合計:2,118円

【内訳】

鶏もも肉 484円

トマト 106円

赤パプリカ 138円

塩コショウ 192円

ガーリックパウダー 289円

玉ねぎ 85円

バター 321円

パプリカパウダー 203円

サワークリーム 300円

created by Rinker
¥2,439 (2024/07/18 12:34:16時点 楽天市場調べ-詳細)

ハンガリーに行く場合と自宅でハンガリー料理を作る時の時間とコストの比較

次に、実際にハンガリーに行く場合と、自宅でハンガリー料理を作る際の、時間とコストの比較をみてみましょう。

▼ハンガリーに行く場合

約25万円

所要時間:約23時間(乗り継ぎ込み)

【内訳】

往復航空券:15〜20万円

ホテル1泊:1〜2万円

食費(1食):1,500〜3,000円

※連泊や観光などは含めずおおよその目安で計算しています。

▼自宅でハンガリー料理を作る場合

約2,200円

調理時間:20分

このように、実際に現地に行く場合と自炊する場合とでは約125倍の差が生まれました。

とは言っても、現地で食べる本場のハンガリー料理と自宅で作る料理とは違いますからね。

一度は、ハンガリーに足を運んで本場の味を確かめたいところです。

ハンガリーの食文化やその他の料理

それぞれの国によって違いのある食文化や食習慣。ハンガリーの食文化や料理を見てみましょう。

ハンガリーの食文化

ハンガリー料理は、日本人の口に合うと言われており、

 

  • パプリカをよく使う
  • サワークリームをよく使う

 

というのが特徴です。

パプリカパウダーを使った料理が多く、その種類は豊富です。

パプリカパウダーは、大きく分けて、甘口と辛口の2種類に分かれています。

料理の味を引き出すのは甘口と言われており、ハンガリー料理のほとんどは、甘口のパプリカパウダーが使われています。

チルケパプリカーシュ以外のハンガリー料理

チルケパプリカーシュ以外のハンガリー料理を紹介します。

▼グヤーシュ・レヴェシュ

牛肉のパプリカスープです。

ハンガリーを代表する料理と言われており、牛肉、じゃがいも、玉ねぎ、トマト、ピーマンが入っています。

▼ハラースレー

鯉のパプリカスープ。

鯉、玉ねぎ、トマト、ピーマン、パプリカが使われています。

▼ハルトバージュ・パラチンタ

小麦粉を牛乳でといて薄焼きにしたもの。

デザートとしてジャムやチョコレートが入ったものも。

まとめ

今回は、ハンガリー料理チルケパプリカーシュを電子レンジで簡単に使ってみました。

海外グルメが好きな方はぜひお試しください。

食文化を通して、国際交流や海外の食文化に興味を持ってもらえたらうれしいです。

英語でひとこと

Are Red bell peppers used in Hungary foods a lot.

ハンガリー料理は、パプリカがふんだんに使われています。

関連記事:【世界の食文化】レバノン料理を食べてみたので紹介します